INTERVIEWインタビュー

座談会「京都河原町本店」

小谷 亮介

Ryosuku Odani

眼鏡市場京都河原町本店 店長
1999年入社

大久保 紗英

Sae Okubo

眼鏡市場京都河原町本店
2012年入社

長谷川 菖

Sho Hasegawa

眼鏡市場京都河原町本店
2016年入社

メガネ販売は“瞬間芸術”。
お客様が感動したときの
満足感は唯一無二

メガネ販売が、他の販売業と違うところはどこですか?
長谷川
メガネ販売は『半医半商』といって医療的な要素も含みます。お客様が抱えている『負』の解消、例えば遠くが見えなくて困っているだとか、免許の更新で新しい眼鏡が必要だとか、そういった問題を解消する必要があります。その点で普通の販売業と違って難しく感じます。
大久保
フレームがかわいいなど、洋服などのように商品の見た目だけではなく、技術面や知識面も必要となってくるので、その習得が難しいです。しかもその習得に明確なゴールはないと思います。そこが面白いところでもあるのですが、日々迷うことはありますね。
小谷
以前、ご高齢のお客様に補聴器と老眼鏡を同時に販売する機会があったのですが、そのお客様はそれまで耳も不自由で目もあまり見えていない状態で、おそらくだいぶ苦労されていたと思うんですね。それが一気に解消された時に、私の方を見て手を合わせ『なんまいだぶ、なんまいだぶ』って。仏様のように感謝されたことがありました(笑)。
長谷川
この仕事の良いところは、とにかく感謝されることですね。そういうところが面白く感じますし、ほかの販売業とも違うなと思います。
小谷
大切なのは、お客様がしてほしいことにどれだけ注力できるかですね。『販売は瞬間芸術で音楽と一緒』だといつもスタッフに言っているのですが、その時そのタイミングに、いちばん素敵な音を出さないと販売は響かない。ずれてもダメだし、よくない音でもダメ。その瞬間にどれだけ大事な部分を感じて応えていけるかっていうところで満足や感謝の度合いは上がってくるのではないかなと思います。
大久保
お客様にとってはゼロではなくマイナスの状態からのプラスなので、喜んでいただいたときの振れ幅が大きいです。だから、そのやりがいっていうのは普通の販売業では絶対に得られないものがあると思います。
小谷
あと、接客はある意味、技術ですね。『人前に出るのが苦手だから接客には向いてない』なんて言う人もいますが、技術だから身につけさえすれば誰でも上手くできます。この店舗の場合は、目の前に百貨店があるので、接客の質も百貨店に負けないレベルにするのが目標。そのうえで、良い商品をよりお求めやすく提供していくことを常に考えていますね。
大久保
フレーム素材、作り、レンズ。商品の品質はすべて良いと思います。例えば海外のお客様には片言でも筆談でも何でもいいので魅力を伝えるようにしてます。
働く場として、店舗の雰囲気はどうですか?
長谷川
働きやすいな、と感じます。風通しがかなり良いので、自分らしく素直に働ける環境ですね。
大久保
仕事帰りにみんなでご飯を食べに行くとか、けっこう頻繁にしています。
小谷
スタッフみんなでピクニックとかね。


長谷川
実はこの店に配属される前、小谷店長はとても厳しい人だと噂で聞いていたのでドキドキしていました(笑)。
大久保
そう! めっちゃ厳しいんですよ(笑)。でも、一人ひとりのことをすごく見てくださって。この店舗はスタッフが20名もいるのに、それぞれに合わせた言葉をタイミングよく伝えてくださります。
長谷川
『小谷店長がいれば大丈夫』っていう安心感がとてもあります。最初はめちゃくちゃ厳しいかなって思っていましたが、正直、優しいです。そういった面でもかなり助けていただいています。
小谷
よかった。もっと悪口大会みたいになるかと思いました(笑)。いつもスタッフには助けてもらっているので、後輩たちが定年するまで成長し続けて、自分と出会って良かったって思い返してほしいですね。将来、違う店舗に異動して店長になったときに、私が伝えたことが役立ってくれればありがたいですね。
いま大事にしていることと、今後の目標を教えてください。
長谷川
お客様に最低でも笑顔になって帰っていただくことを大事にしています。今後の目標は、まずは店長が行っている業務以外のことをすべてマスターして、店長や他のスタッフのサポートをしていきたいと思っています。
大久保
お客様に楽しいと感じてもらえたらいいなって常に思っています。また現在スタッフの教育も担当していますが、自分が担当している後輩が仕事をもっと好きになってもらえるようにしたいと思っています。今後の目標は、やっぱり店長になること。小谷店長をベースに、もうちょっと優しい感じに(笑)。

学生の皆さんへメッセージ

長谷川
人のために何かができて、感謝が飛び交うようなやりがいがある企業に行きたいなら、ここで間違いないです。
大久保
頑張れば『やる気』をすごく評価してくれる企業なので、自分の可能性を試してみたい方は、ぜひ一緒に働きましょう。
小谷
自分のやりたいことができる企業だと思います。そして、やったあとに必ず正当に評価をしてもらえます。ですから、やりたいことができる企業に行きたかったら、メガネトップはオススメです。

採用情報

株式会社メガネトップ 人事部採用担当

0120-277-324

午前10時~午後6時(土日祝を除く)

メールでのお問合せ