INTERVIEWインタビュー

土橋 弘志

林 哲朗

Tetsuro Hayashi

人事部 副部長
1994年入社

キャリアは自身で決める。
そんな選択型の人事制度を作っています

入社時から人事部勤務だそうですが、それはご自身で希望されたのですか?
 本社勤務を希望していましたが、まさか入社当初から配属されるとは考えていませんでした。ただ当時はまだ会社自体が整備されていない状態であった為、一から仕組みを作るという仕事に興味がわきました。ところがいざ仕事となると、何処から手を付けて良いのか、どのような仕組みが会社の発展に繋がるのか、日々悩みは尽きなかった事を思い出します。しかし、制度構築や管理体制を刷新する事にやりがいを感じていました。
人事部とはどういった仕事をする部署ですか?
 主に労務管理、採用計画、そして人事考課。この3点が人事部の仕事として取り上げられます。特に、従業員が増えてきたなかでの人事制度をいかに運用していけるか、また企業の発展と本人のモチベーションアップを図るためにどう仕組み作りを改革するかということが重要になってきます。入社当初は従業員数が300名程度であった為、組織も柔軟な対応が取れていましたが、現在では4000名を超える規模となり、組織の考え方も大きく変える必要があります。そのような中で、埋もれず人材発掘ができるような仕組みづくりというものが必要になってきました。そこで今、これまで約10年実践してきた人事制度を改定しようということで、構築している真最中なのです。
人事制度の改定の柱はどんな点ですか?
 新しい人事制度では、社員が自らチャレンジしていく、自ら考え行動していくという姿勢を醸成する為、会社として選択肢や機会を与えていきながら、自ら成長してもらいましょう、という仕組みを考えています。これまでも、自己啓発のための参加型の研修は行われて来ましたが、キャリアに紐づくというシステムはありませんでした。今後はあくまで成長やキャリアを自身で決めて自身で選択してもらいます。自ら取捨選択してキャリアを上げてくださいという、選択型の人事制度を大々的に打ち上げていこうという構想です。
人それぞれで違う働き方を選べるということですか?
 そうですね。今後はやはり「ダイバーシティ」という考えを取り入れて、とにかく上を目指していくという人、本社の中枢で働きたいという人、店舗の中で店長になりたいという人、店長のサブとして店の業績を上げたいという人、家庭があるのでその限られた時間の中で活躍したいという人……。それぞれの価値観を全部ひっくるめて、様々な形で会社に貢献できる制度を考えています。この考え方も「選択型人事制度」となります。昇格を望むゼネラリスト志向の方は挑戦でき、またスペシャリストとしてその道のプロとして会社に貢献する。決してオートメーションの人材育成でわけではないということです。
具体的な制度ではどんな変化がありますか?
 例えば社内公募制度に関しては、ある部署で増員や欠員が生じた場合や、新プロジェクトを立ち上げる為の人材募集という事が主な目的でした。今後は、社員の成長や教育という視点のもとで社内公募の制度をうまく活用できないかと。例えば1年とか2年、店舗以外の様々な部署を体験してもらい、その経験から自分自身の可能性や、今後のキャリア形成に役立ててもらいます。実際に、商品企画の奥深さを理解するとその商品に対しての想いが、お客様への接客に繋がるなどという変化が期待できます。
女性の働く場として
メガネトップの人事制度はどうですか?
 制度的には、一般的にみても育児や介護など整備されていると感じます。ただし実際に誰もが取得できているかというところが重要だと思います。現在は男女共同参画プロジェクトを立ち上げ、様々な意見交換を行い啓蒙活動を実施しています。実際に私が考える「女性活躍」とは、上を目指したい人もいれば、自分の時間を大事にしたい人もいる。「女性活躍」というとみんなが管理職を目指すというイメージがあるかもしれませんが、そうではない方もいます。これは男性も同じことですが、企業が多様な働き方ができるという選択肢を提供できればと思います。
今後のご自身の目標を教えてください。
 やはり次世代育成ですね。私たちの世代は、創業者である冨澤会長の圧倒的なカリスマ性により、企業の発展と共に自己成長を成し遂げてきました。しかし今後の会社の10年後、20年後を考えると、やはり20代、30代の若い世代がいかに活躍できるか。世代交代をしていくということも踏まえて、次世代教育が目標となります。会長が常々お話される「人に感謝する心」こそが当社の根幹であり、その気持ちがなければ会社の発展はないと私自身も考えますし、継承していきたいです。

学生の皆さんへメッセージ

 熱意、想いですね。その会社に入りたいという気持ちが大事だと思います。学生さんは10社、20社、30社と受けるなかで、すべての会社に全力投球はとても難しく、そういうところが面接官にはわかってしまいます。だからこそ一社一社真剣に取り組んでほしいなと。そうすれば必ず良い結果は生まれると思います。私たちは一対一の面接を重視しています。最終選考である役員面接でもそれを貫いていますので、ぜひ全力で来てください!

採用情報

株式会社メガネトップ 人事部採用担当

0120-277-324

午前10時~午後6時(土日祝を除く)

メールでのお問合せ